予算を組む

店舗デザインという作業は、言い換えるとすれば、空間に価値を与えるという作業と言えるのではないでしょうか。そして、その価値を与えられた空間である店舗は「商品」となっていくため、事業主である自身の想いや、来店するお客さんの要求により、そのかたちは様々であると言えるのではないでしょうか。そういった点から、店舗デザインにかかる金額も様々であると言え、業者との初回の打ち合わせのタイミングで、しっかりと予算を組んでおくということが重要と言えるのではないでしょうか。自身の理想を空間として立ち上げるためには、コンセプトはもちろん、入念に練られた予算も大切と言えるでしょう。また、予算が組まれていない場合、デザイナーからの提案が、自身のコンセプトや商品に対して、的外れな提案となり、遠回りをしてしまうといった可能性も否定できないのではないでしょうか。逆に、予算を先に伝えた場合、その予算に満たないなどの事例などでは工事にかかる費用を水増しされるのではないかという不安を抱えている方もいるかもしれません。しかし、そもそも業者選びをきちんと行っていれば、そのような事態に陥ることはないと言えるでしょう。何を最優先事項と捉え、デザインをしてくれる業者なのかという点を、しっかりと見極めることも重要と言えるでしょう。コンセプトに沿った予算をしっかりと組んで、打ち合わせの段階で意見を交換しながら、費用対効果の高いデザインを考えていけると良いのではないでしょうか。また、この時点でギリギリの予算を設定するのではなく、今後の改修工事や追加工事の予測も含めた上で、余裕を持った予算組みができるのが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です