ロボットの導入で集客を考える

店舗デザインの中で、忘れがちと言えるのが、集客プランを練っておくということではないでしょうか。内装、外装と共に、しっかりと計画しておきたいのが集客方法とプロモーション方法ではないでしょうか。これに頭を悩ませる経営者の多くが、「より画期的な集客方法はないか」「集客もプロモーションも同時に叶えてくれるような話題はないか」と言ったように、一般的ではないけれど、比較的簡単に取り入れられる方法を求めていると言えるのではないでしょうか。そう言った方に検討していただきたいのが、近年、比較的日常の中でも見られるようになった「ヒューマノイドロボット」の導入でしょう。労働力として注目を集めているヒューマノイドロボットですが、実際にはどのような働きができるのか、見ていきましょう。まだ、一般家庭で家事代行を行うと言ったような実用的機能は搭載されていないようですが、感情を識別する機能や、表情を読み取る機能、また、会話ができたり、ボディーランゲージなどの基本的な機能に加え、近年では法人向けのアプリケーション等が搭載されているものもあり、接客や、受付、体調管理というような、さまざまな場面での活用を想定されて作られているようです。このことから、導入例として、お客さんに声をかけて商品を紹介したり、翻訳機能を使用して外国人のお客さんの対応をしてもらったり、見た目も可愛らしいため、単純に店のマスコットとして活躍してもらったり、特定の場所に配置することで顧客導線を変えたりといった活用方法が挙げられるのではないでしょうか。大手企業だけのものでなく、身近なものとして考えても良い時代なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です